02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 03

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブトムシ、クワガタや里山の風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

古賀市筵内の「菜の花の道」を観に行ってきました 

Posted on 18:53:13

本日もたまの投稿です。

今週の水曜日に、福津市のお隣の古賀市筵内(むしろうち)地区にある「菜の花の道」へ菜の花を観に行ってきました。

この辺りかな?と探していると、道の両側に広がる菜の花畑が目に飛び込んできました。

20170322nanohana3.jpg

黄色い花は虫を呼び寄せるようですが、人間の私たちにとっても、この元気を与えてくれる鮮やかな色には、ずっと眺めていたくなるような、何か惹きつけられるものがあるように思います。

20170322nanohana2.jpg

菜の花畑の中には、大きな鯉のぼりや手づくりの牛のオブジェ?なども展示してあり、見物客を楽しませたいという地元の方たちの暖かい気持ちも伝わってきました。

20170322nanohana4.jpg

帰りに古賀グリーンパークに立ち寄ると、広場の向こうに大きな満開の桜を見つけました。

20170322sakura.jpg

福岡でも、ソメイヨシノは今ようやく開花の時期を迎えようとしている時なので、これは別の品種です。

産直(コスモス館)でパンを買って、少しだけお花見をしました。

近付いて見ると、ソメイヨシノよりも花が小さく、少し葉も混じっていました。
調べたところ、おそらくエドヒガンザクラかそれに近い品種ではないかと思います。

いよいよお花見のシーズンなので、またこちらでもいろいろな春をお届けできればと思います。
スポンサーサイト

△page top

3月の里山の風景 

Posted on 11:55:36

本日もたまの投稿です。

3月になり、春らしい暖かい日が増えてきました。

土筆も勢いを増し、車を運転しながらでも目に付くようになってきました。

20170309tsukushi.jpg

↑ここの土筆は野焼きをした後から出てきたものなので、頭のてっぺんが少し焦げています

一昨日、発送をアルバイトさんにお任せして、近くまでクヌギの落ち葉を拾いに行きました。
今年は雪が積もらなかったので、この時期でもまだ少しキレイな葉っぱが残っています。

車を降りると、ミツバチの羽音が聞こえてきました。

20170310mitsubachi.jpg

草むらに足を踏み入れると、何やらぴょんぴょんと跳ねるものも。

20170310batta1.jpg

↑これはツチイナゴでしょうか。

20170310batta2.jpg

↑こちらのバッタも、落ち葉と同じ色をして越冬していたようです。

20170310umanoashigata.jpg

2月の終わりにも落ち葉拾いに行きましたが、一週間ちょっとで、草花の勢いが増し、虫たちも慌ただしく動き出した気がします。

帰り際、一株ずつしゃきっと立ちあがったノビルが、まるで収穫してくれと言っているように見えたので、久しぶりに採ってきました。
20170310nobiru_20170312114553875.jpg

「ぬた」にして酢みそで夕飯にいただきましたが、むしきち君はちょっと苦手だったようです

△page top

宮地嶽神社参道の「光の道」 

Posted on 19:28:43

本日はたまの投稿です。

ここ数日、我が家の近所にある宮地嶽神社では、夕方になると多くの人が押し寄せていました。
昨年、若者に人気のアイドルグループがCMで紹介したことで有名になった「光の道」が、今ちょうど見頃だったからです。

今日は天気も良く、太陽の位置も良さそうだったので、参道の途中からですが、見物に行ってきました。

20170224hikarinomichi1.jpg

参道に出ると、まだ少し左にずれていましたが、かなり「光の道」に近付いていました。
(↑これは横断歩道を渡りながら撮影しました)

道行くご近所のおじちゃんも「今日は一番良かっちゃないかな」と言っていました。
参道を歩いていると、参道沿いに住む人から7時10分ごろがピークだと教えてもらったり、最後は全然知らないおばあちゃんと道行く女性と一緒に眺めていました。

20170224hikarinomichi2.jpg

宮地嶽神社の階段から見る光景には及ばないのでしょうが、こうしていろんな人と一緒に感動を分かち合いながら眺めることができて、何だかほっこりと幸せな気持ちになりました。

△page top

クヌギの植樹と庭の梅の花 

Posted on 11:02:33

庭の梅の花です【クワガタ工房 虫吉】
こちら、福岡県福津市(北部九州)は、週末までの寒さが一転して暖かい春の陽気に包まれています。
虫吉の事務所横の大きな梅も満開を迎え春の訪れを感じさせられます。
※但し、これからは本格的な花粉症のシーズンを迎えるので外出時はマスクが手放せません。

今回は、昨日の定休日を利用して店長と虫吉の森にクヌギの苗木を10本ほど植樹しましたので森の様子と合わせて紹介したいと思います。
※10年ほど前から少しずつチョコチョコと植樹しています。

クワガタ工房 虫吉の2017年2月の森の様子
こちらは、今年(2017年)で11年目を迎える森の様子です。
クヌギやコナラの仲間は、落葉樹なので冬になると葉っぱを落とすので寂しい感じもしますが初夏のシーズンが近付く4から5月には、綺麗な黄緑色の葉っぱが出て来ます。

クヌギの苗【クワガタ工房 虫吉】
こちらは今回植えたクヌギの苗木です。
2015年11月23日に紹介したドングリからの苗作りの時のドングリが無事に発芽して苗木まで育ちました。

※九州には、クマがいませんがイノシシが多いので直にドングリを地面に植えてしまうとイノシシの大群に掘り起こされてしまいますのでポットで苗木まで育ててから植樹します。
幸いにも福津市には、未だシカがいないので春先に時々現れるウサギが上の方を少し齧る程度の被害で済みます。

クヌギの苗植え【クワガタ工房 虫吉】
植え方は、ポットから出した苗木が入る大きさの浅めの穴を掘ってスッポリと土のまま埋めるだけです。

クヌギの植樹の様子【クワガタ工房 虫吉】
苗ポットを外して土を解さずにそのままの状態で埋め込みます。

クヌギの苗木に土を埋め戻しています。(クワガタ工房 虫吉)
穴に苗を入れたら隙間が空かない様に強めに押さえます。(後から周辺を足で踏み固めます。)

クヌギの植樹後に目印の杖を立てています(クワガタ工房 虫吉)
夏の草刈りの際に間違って刈り取らない為に目印となる杖竹を立てています。

クヌギを植えた後の様子です。(クワガタ工房 虫吉)
周辺の土地(他の人の所有地)は、高齢化や後継者不足で放置竹林になっていますので暖かくなると森へのタケの侵食が始まります。
※春から初夏のタケノコ(モウソウタケ、マダケ、ハチク)掘りは、店長の楽しみの一つです。

今シーズンの森の成長と森に集まる里山の昆虫を楽しみにしています。

△page top

暖かい新年 

Posted on 19:28:06

201710106nenga.jpg

明けましておめでとうございます。
本日もたまの投稿です。

今年は暖冬で、福岡では年明けもとても暖かい日が続いています。
お正月に虫吉家の玄関先の梅の木の蕾がだいぶ膨らんでいたので、今年は早く咲きそうだなと思っていたら、今日見ると、すでにいくつか花が咲いていました。

20170106ume.jpg

冬らしい冬が訪れないまま、早くも春がやって来ているようです。
しかし、1月に入ってから本格的に寒くなったりするので、この春の気配もまた遠のいてしまうかもしれません。

このブログもすっかりぼちぼちペースになってしまいましたがまた面白い季節の風物詩などを見つけたらご紹介していきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ