08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブトムシ、クワガタや里山の風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

秋の里山の草花と虫 

Posted on 22:27:52

本日もたまの投稿です。

里山は今、ヒガンバナがとても綺麗です。
今年は開花前に雨が降ったからか、いつも訪れるヒガンバナスポットでも、例年以上に鮮やかで美しい花を咲かせていました。

20170921higanbana.jpg

虫吉兄弟がクヌギを植樹している山の近くでも、この時期いろんな秋の草花が目を楽しませてくれます。
(※以下、名前の間違っているものもあるかもしれません)

↓ツユクサ

20170921tsuyukusa.jpg

↓アキノノゲシ

20170921akinonogeshi.jpg

↓アレチノハナガサ?

20170921arechihanagasa.jpg

↓ゲンノショウコ

20170919gennosyoko.jpg

↓ジュズの実

20170919juzu.jpg

草の先にナナホシテントウがいたのでカメラを構えていたら、飛ぶ瞬間を撮る事ができました。

20170919nanahoshi.jpg

そして、こんなものも見つけました。

20170919karamushi1.jpg

カラムシの葉ですが、貝や餃子のような形に綺麗に閉じられています。

良く見ると中に毛虫のようなものが蠢いていて、下の写真の葉の中をさらに良く見ると、ちょうど内側から糸をかけながら葉をとじ合わせているところでした。

20170919karamushi2.jpg

後で調べてみたところ、これはアカタテハの幼虫の巣だということがわかりました。
それにしても綺麗な閉じ具合いに感心してしまいました。
スポンサーサイト

△page top

葛とバッタ 

Posted on 23:23:26

本日もたまの投稿です。

虫吉兄弟がクヌギを植樹している山の近くに「耕作放棄地」があるのですが、今そこは一面葛が生い茂る葛畑になっています。

たんぱく質が豊富な葛の葉はバッタたちの大好物で、昨日夕方立ち寄った時には、ツチイナゴの幼体が葉の上に沢山いました。

20170918tsuchiinago.jpg

成虫で冬を越すツチイナゴは他のバッタたちよりも成虫になるのが遅いようです。

20170918tsuchiinago2.jpg

近くを歩いていると、マツムシもいました。

20170919matsumushi.jpg

マツムシやクツワムシも葛が大好物で、クツワムシに至っては野生下でのエサは葛のみの単食だそうです。
なので、ここでは夜になると、マツムシやクツワムシの鳴き声も大音量で響き渡っているそうです。

そして、むしきち君が見つけました。

20170918kantan.jpg

鳴く虫の女王、カンタンです。
しかしこれは残念ながらメスなので鳴きません。

葛は今開花の時期でもあります。

20170918kuzu.jpg

葛は根っこが漢方や葛餅などに利用されますが、花もお酒に漬けて飲むと薬効があるそうです。

繁殖力が強いため、厄介物のように扱われることも多い葛ですが、虫たちのエサとして改めて注目してみるうちに、何だかだんだんと凄い植物のように思えてきました。

△page top

秋の虫たち 

Posted on 19:51:48

本日もたまの投稿です。

9月になり、秋の虫たちの鳴き声も日に日に賑やかになってきました。
私たちもようやく虫を撮影する余裕がでてきたので、今月前半に撮りだめていたものをご紹介したいと思います。

まずは、アオマツムシ。

20170904aomatsu.jpg

虫吉家の廊下のカーテンに止まっていました。
なぜかカーテンや網戸などの窓辺で見つけることが多いです。

こちらはおなじみ?のクダマキモドキ。

20170909kudamakimodoki.jpg

虫吉家の庭に勝手に生えてきた「ど根性クヌギ」の葉に止まっていました。

同じクヌギの木に、ゾウムシの仲間も止まっていました。

20170909zoumushi.jpg

ゾウムシは農作物の害虫として知られていますが、姿はなかなか愛嬌があります。

これは、虫吉兄弟が植樹している山の栗です。

20170911kuri.jpg

栗の実に入り込む「栗虫」と呼ばれる虫がいますが、その正体は、「クリシギゾウムシ」というゾウムシの幼虫か「クリミガ」という蛾の幼虫なのだそうです。


こちらは、コンクリートの上で見えにくいですが、ハンミョウです。

20170910hanmyo.jpg

ハンミョウは自宅のアパートの駐車場にいるのを見つけました。
別名「みちおしえ」とも呼ばれるように、近付くと2~3メートル先まで飛んでまた地面に降りるを繰り返しながら、我が家の玄関先まで道案内してくれました。
先日タマムシを見つけてから、同じく美しい虫代表のハンミョウも見たい!と思っていたので、見つけた時は嬉しかったです。

この調子で(?)今年はぜひ鳴く虫の女王「カンタン」も見つけてみたいと思っています。

△page top

今日は虫の日? 

Posted on 22:41:28

本日もたまの投稿です。

今日のお昼過ぎ、むしきち君が自慢げに何かを手に持って事務所に入ってきました。

見てみると、何と!私も見たいと思っていたタマムシでした
(タマムシは飛翔までの時間が短く捕まえにくいそうなので、逃げないように室内で撮影しています。
なので、写りが悪くせっかくの美しい色が上手く伝わらないかもしれませんが、ご了承ください・・・。)

20180818tamamusiomote.jpg

形はコメツキムシに似ています。

20170818tamamushiyoko.jpg

近所のお寺の駐車場で飛んでいるところを捕まえたそうです。
調べてみると、タマムシはサクラやエノキ、ケヤキなどの葉っぱをエサにしているということなので、おそらく駐車場の脇に植えてある桜を狙ってきていたのでしょう。

20170818tamamushiura.jpg

裏側もこの通り、肢の先までタマムシ色で、本当に美しいです。
縁起物だというので、宝くじでも買ってみようかなと思いましたが、先日サマージャンボが終わったばかりでした・・・。

タマムシは貴重なので、アルバイトさん達にも観賞してもらってから、元の桜の木に逃がしてきました。

むしきち君が庭で作業をしていると、今度はキリギリスがやってきました。

20170818kirigirisu.jpg

今日は良く虫を見つけるね~と言っていたら、今度は私の視線の先にショウリョウバッタがいました。

20170818nezumiotoko.jpg

つい先日まで翅の未熟なバッタばかり目にしていましたが、いよいよバッタたちの季節も本番を迎えようとしています。

20180818yuri.jpg

△page top

ヤマメとブルーベリー 

Posted on 00:05:17

本日もたまの投稿です。

今日はむしきち君もようやくお盆休みがとれたので、三瀬方面までドライブに行ってきました。

福岡高速環状線を野芥で降りて、263号線を三瀬方面へ行くと、豆腐屋さんや蕎麦屋さん、パン屋さんなど、思わず立ち寄りたくなるお店が沢山並んでいます。
でも今日は、念願だったヤマメ料理をいただきに、その先の野河内渓谷の所にある「滝やま荘」へ真っ直ぐに向かいました。

20170813yamame2.jpg

予約していた時間より早く着いたので、少しだけ渓谷沿いの遊歩道を散策してみました。

20170813yamame1.jpg

こういう山の涼しい場所へ行くと、九州では珍しいミンミンゼミの鳴き声も聞こえてきます。
涼を求めて、家族連れなど沢山の人が訪れていました。

お店は200年前に建てられた古民家を移築したものらしく、店内はとても趣があり、窓からは滝を眺めつつ料理をいただくこともできました。

20170813yamame3.jpg

山女のお刺身は初めてでしたが、癖もなくとても美味しかったです。
最初に運ばれてきたものしか写真におさめていませんが、山女の塩焼きや山女こくなども出てきました。
料理は川魚料理以外にも、地鶏を使ったものや炭火料理などもあり、別の料理も食べにまた訪れたいと思いました。

その後、三瀬トンネルを抜けて産直「マッちゃん 」に立ち寄った後、ブルーベリー狩りをしに「平川ブルーベリー園」に行きました。

20170813blueberry1.jpg

駐車場からブルーベリー園に向かう途中、横を流れる川の水がとても綺麗だったので魚がいないか探してみると、目の前にいました!

20170813yamame4.jpg

川底と同化して見えにくいですが、つい先ほど美味しくいただいたヤマメさんです(おそらく)。
まさか野生のヤマメにお目にかかれると思っていなかったので嬉しかったです。

ブルーベリーは狩りは、大人は600円でその場で食べる分は食べ放題で、100g300円でお持ち帰りもできます。
今の時期は、ブライトウェルとラヒという品種が食べごろだと教えてもらったので、札を見ながらひたすらその二つの品種をついばんで回りました。

20170813blueberry3.jpg

採れたてのブルーベリーはお店で買って食べるのとは全然違って、さわやかな香りもあり、とても美味しかったです。

なぜか立て続けで2本の樹に小さなアマガエルが付いていました。

20170813blueberry4.jpg

「この樹は甘いよ」と教えてくれているみたいでした。

路地で沢山の実をいただいた後、ハウスの方にも行ってみると、足元に小さなトノサマガエルを見つけました。

20170813tonosama.jpg

帰りにブルーベリータルトもいただきましたが、大きなブルーベリーが沢山のっていてとても美味しかったです。

この後、「ハーブガーデンミツセファーム」でハーブティーなどを買って帰る途中、産直「マッちゃん 」の近くで「三瀬村シュエットの森」というふくろう雑貨のお店を見つけたので立ち寄ってみると、店内に可愛いフクロウがいました。

20170813fukuro.jpg

向かいには生ウインナーのお店もあったので、お土産を買って帰りました。

三瀬トンネル付近だけでも、今回立ち寄れなかったお店がまだ沢山あるので、また別の季節にでもゆっくり訪れてみたいと思いました。

お盆休みが終わったらまた忙しい日々が始まりますが、今日はしっかりリフレッシュできたので、あと一息頑張りたいと思います。

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ