07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブトムシ、クワガタや里山の風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

大きな芋虫と小さなカマキリ 

Posted on 19:31:56

本日もたまの投稿です。

暑さと共に、セミの声も賑やかになってきました。

20160709semiana.jpg

↑虫吉家の庭に空いていたこの穴は、セミが羽化した後の穴だそうです。

以下、幼虫や芋虫系の苦手な方は要注意です!!!

発送が終わり、外で保冷剤の準備していると、花壇の草むしりをしていた虫吉母の「これはアゲハの幼虫ね?」と言う声が聞こえました。

あとで見に行くと、カラーの葉っぱに大きな芋虫がいました。

よく見るとその手前には、自分の身体よりもずっと大きな獲物を狙う小さなカマキリが。

20160709mosuravs.jpg

さすがのカマキリも、これは獲物にすべきかどうかと悩んでいたようで、しばらくこの状態で固まっていました。

少し経ってまた見に行くと、やはり獲物には大きすぎたようで、「やっぱりや~めたっ」とその場を後にするカマキリの姿が。

20160709mosuravs2.jpg

調べてみると、このなかなかインパクトのある姿をした芋虫は、蛾の幼虫だったようです。

夏場はなかなかブログを書く余裕がありませんが、また面白いものなどを見つけたら、出来るだけご紹介したいと思います。
スポンサーサイト

△page top

怪我したスッポンを保護しました 

Posted on 22:12:52

本日もたまの投稿です。

一昨日の夜、帰宅前のむしきち君から電話が入りました。
帰り道で、けがをしたスッポンを見つけたとのこと。

暗い夜道でスッポンは、白いお腹を見せてひっくり返り、片手(前あし)を上げていたそうで、その姿が、自分に向って「お~い助けてくれ~」と言っているように見えたそうです。

とりあえず、我が家へ連れて帰って来てもらいました。
余程弱っていたようで、スッポンはスーパーの袋に入れられた状態で大人しくしていました。

翌日、看板犬リクが通っている動物病院で診てもらえることになり、そのまま預けることになりました。

この通り、裏側は内出血が酷く、先生も心配していたそうですが、

20160613suppon1.jpg

一晩明けた今日、病院から元気になったと連絡があり、店長が迎えに行きました。

20160613suppon6.jpg

大きな容器に水と一緒に入れたら、首を出して元気に動き始めました。

20160613suppon3_201606142144348a2.jpg

夕方、スッポンを見つけた場所まで行って、近くの大きな貯め池の縁で放しました。

20160613suppon4.jpg

スッポンは、そのままズンズンと力強く、水の方へ歩いていきました。

20160613suppon5.jpg

この場所は、去年私がスッポンを目撃した場所の近くなので、どうやらこの辺りはスッポンが多く生息しているようです。

それにしても、私たちは亀に縁があるようで、今日も色んな人に「よく亀を見つけるね~」と言われました

△page top

カマキリの孵化 

Posted on 19:04:19

本日もたまの投稿です。

一昨日のお昼頃、虫吉家の洗面所の前を通る時に、窓の外に何かが見えました。
そこは去年の11月にカマキリが卵を産んでいた場所。

何だろうと見てみると、何と、卵から小さなカマキリが孵っているところでした。

20160606kamakiri1.jpg

産卵しているところを見つけてから、孵化するのを楽しみにしていましたが、春先に卵に穴のようなものが開いていたので、虫が入ってダメになったかと残念に思っていました。
でも、どうやら無事だったようですね。

20160606kamakiri3.jpg

黄色い姿が何とも神秘的です。

子カマキリたちは、最初は長く連なっていましたが、少しずつ、まさに蜘蛛の子を散らすように、散り散りバラバラになり。

20160606kamakiri2.jpg

2時間後位にもう一度見に行くと、もう一匹も残っていませんでした。

こんなに未熟な姿でありながら、1匹1匹がまるで強い意志を持ったように、それぞれ自分の足で旅立っていく、その野生の逞しさに、ただただ感心しました。

産卵と孵化という大変貴重なシーンに、どちらも偶然遭遇出来たことに感謝したいです。

△page top

梅ちぎり 

Posted on 21:04:58

本日もたまの投稿です。

先週の水曜日、梅雨入り前に、虫吉兄弟たちは庭の梅ちぎりをしました。

20160601ume2.jpg

裏庭の南高梅は樹の高さが高いので、高枝切りばさみを使っても一苦労。

20160601ume1.jpg

下に落ちると割れるので、虫取り網も活躍しました。

20160601ume7.jpg

いつもながら大きな実が採れましたが、

20160601ume3.jpg

今年は梅の裏年だそうで、虫吉家の梅も去年と比べると実の数がだいぶ減っていました。

20160601ume4.jpg

近くのミカンの樹にはアゲハ蝶が来ていました。

20160601ume6.jpg

今週、福岡もいよいよ梅雨入りしました。
私たちも夏に備えて、人員を確保したりとだんだんと気ぜわしくなってきました

△page top

雨とカタツムリ 

Posted on 21:09:59

本日もたまの投稿です。

昨日は雨の一日でした。

20160529himehiougi.jpg

発送作業が終わり、庭に出ると、プラスチック製のカゴに小さな丸い虫のようなものが付いていました。
クモか何かかな?と思いながら良く見ると、小さな小さなカタツムリでした。

20160529katatsumuri3.jpg

20160529katatsumuri1.jpg

20160529katatsumuri2.jpg

雨の日ならではの可愛い訪問者に心が和みました

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。