11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 01

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブトムシ、クワガタや里山の風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

古賀市の興山園に紅葉を観に行ってきました 

Posted on 13:13:56

自宅の引っ越しでネットが使えない状態で、久しぶりの投稿になってしまいましたが本日はたまの投稿です。

先週の水曜日、隣の古賀市にある興山園に紅葉を観に行ってきました。

DSC03685.jpg

話によると、今年は気温のせいかどこも紅葉が今一つだそうで、こちらも、散っている葉と一方ではまだ色づいていない葉が目立っていました。

DSC03684.jpg

でも、緑の葉と色づいた葉が混ざった紅葉も、地面を彩る落ち葉も、それはそれで美しいものです。

DSC03706.jpg

DSC03693.jpg

↓メタセコイアの並木道も、ほんのり色づいていて綺麗でした。

DSC03697.jpg

↓もみじ園には、立派なもみじの木が沢山ありました。これが一斉に紅葉したら見事でしょうね。

DSC03699.jpg


ツワブキの花も綺麗な季節です。

DSC03712.jpg

展望台に向かう途中には大きなイチョウの木がありました。

DSC03717.jpg

展望台が近付くにつれ、急な斜面が増えてきます。
庭園を歩くというより山登りに近いです。

DSC03719.jpg

展望台から振り返ると、ちょうど晴れ間がのぞいていて、園内のメタセコイアが綺麗にみえました。

もう一つの展望台へ行くと、猫島で有名な相島も見えました。

DSC03722.jpg

展望台付近にはクヌギの木も沢山植えられていて、一面落ち葉だらけでした。

DSC03724.jpg

DSC03726.jpg

園内をすべて周ると、結構いい運動になりました。
ここは、紅葉の他にも沢山の種類の植物が植えられていて、年間を通じて花や実などを観て楽しむことができるようなので、また別の季節にも訪れてみたいと思いました。
スポンサーサイト

△page top

太宰府の紅葉です。 

Posted on 12:52:26

九州国立博物館の紅葉
久し振りの投稿になります。
先週の水曜日に定休日を利用して太宰府市の九州国立博物館に特別展示の鳥獣戯画を見に行きました。
館内は撮影出来ませんが平日にも関わらずチケット売り場から館内の展示コーナーの入り口まで2時間待ちの大行列でかなり疲れました。
※本当は、あとから同じく太宰府市の竈門神社に紅葉を見に寄りたかったですが大行列のお陰で館内を見終わったら夕方になっていました。

画像は、帰り際に撮影した博物館の建物に鏡の様に写り込んだ山の様子です。
手前には、赤く色付き始めた紅葉が見えます。

博物館の隣の紅葉
直ぐ隣の山々も少しずつ赤く色付き始めていました。

広場の紅葉
こちらは、太宰府天満宮参道の脇の神社の紅葉です。

お寺の門の付近の紅葉
こちらは、天満宮横のお寺の門へ続く通路の紅葉です。
夕日に照らされて燃える様に真っ赤で綺麗でした。

秋も深まり紅葉もピークを迎えつつ有ります。

△page top

ジャンボ柚子と秋の虫 

Posted on 19:08:49

本日もたまの投稿です。

以前の記事でもご紹介したことがありますが、虫吉家にジャンボ柚子のお裾わけがありました。

20160926yuzu1.jpg

こんなに大きな柚子を一度に使い切るのは難しいと、虫吉母が切って分けてくれました。

しかし切ってみると、意外に見かけ倒しだったので、みんなで笑いました

20160926yuzu2.jpg

焼き魚か何かに絞って楽しもうと思います。

夕方、またマツムシ捕りについて行ってきました。

8月末に訪れた時よりもだいぶ草丈が伸びていて、秋の野の花も目立ちました。

20160926onbubatta.jpg

マツムシや他の虫たちも、前回は未成熟のものが沢山いましたが、今日は成熟した虫ばかりでした。

個人的に、コオロギは地面を歩いている印象が強かったのですが、見てると結構ジャンプもしていることがわかりました。

20160926korogi.jpg

20160926sijimi.jpg

今日はマツムシも沢山いて簡単に採集できてるようだったので、そちらはむしきち君に任せて、私は「鳴く虫の女王」と呼ばれている「カンタン」を探してみました。

それらしい鳴き声とクズの葉を頼りに探してみましたが、それらしい鳴き声は近付くと止まってしまうので、結局見つけられませんでした。
帰って改めて写真などを見てみましたが、もしかしたら細長いカメムシだと思っていたあれがそうだったのかもしれません・・・。

虫吉家の近くでもたまに鳴き声を聞くので、カンタンは今度またチャンスがあれば探してみようと思います。

△page top

奴山放生会が行われました 

Posted on 22:59:11

本日もたまの投稿です。

虫吉家の裏庭では白いヒガンバナが咲き始めました。

20160913higanbana.jpg

昨日は、虫吉家のある集落では、放生会のお神輿担ぎが行われました。
10年に一度の担ぎ手の当番が回ってきていた虫吉家では、むしきち君が参加することに。

前日まで雨で週間天気予報も雨続きの予報だったので心配していましたが、当日は秋晴れの一日となりました。
放生会の日に雨になった記憶が無いと虫吉父と母も言っていましたが、この日もまるで神様が晴れにしてくれたようでした。

お昼に海岸までお汐井取りに行き仕事に戻ってきていたむしきち君は、3時頃からまたお神輿を担ぎに行きました。

お神輿は、集落の奥の山を登ったところにある縫殿神社に奉納されているのですが、幅の狭い石段をお神輿を担いで降りてくるのが大変だったそうです。(石段を降りた後は、台車に載せるので少し楽になります。)

20160913houjouya1.jpg

笛と太鼓の音と共に、神輿がやってきました。

20160913houjouya2.jpg

写真を見ると、むしきち君(↑左前で担いでいる)が妙にハマっていたので笑いました

20160913houjouya3.jpg

発送作業に戻ったのでこの先は追跡できませんでしたが、この後、神輿のご一行はみそぎを行いに近くの川へ向かいました。

祭りの一部始終はこちらのHPでご覧いただけます。

おそらく去年撮影されたものと思われますが、地域の高齢化に伴い、年々若い担ぎ手や祭りに参加するこどもたちの数が減ってきているようです。

5時頃神輿を担いで再び石段を登ったむしきち君は、帰って来た頃には全身筋肉痛になっていました

△page top

子猫たちが引き取られていきました(お試し中) 

Posted on 18:20:58

本日もたまの投稿です。

先日のブログに載せた子猫たちは、昨日来られていたアルバイトさん二人に、とりあえず「お試し」ですが、無事に引き取られていきました。
しばらく面倒をみるつもりでいた私たちは、心にぽっかりと穴が空いたような感じになっていますが、とりあえずホッとしています。

リクもホッとすると思いきや、連れて行かれる子猫を「おいおい連れていくなよ~」とでも言うように玄関まで鳴いて追い、居なくなってからもしばらく探し回っていました。

20160906riku.jpg

リクがどういう気持ちでいたのかわかりませんが、もしかしたらリク自身も気付かないうちに、わずかな父性本能のようなものが芽生えていたのかもしれませんね

子猫たちが、無事もらわれたご家庭で幸せになることを願います。

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ