04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブトムシ、クワガタや里山の風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

オオカマキリの卵 

Posted on 18:51:25

本日もたまの投稿です。

今年の3月の話ですが、クヌギの落ち葉を袋詰めしていた時に、カマキリの卵付きの葉っぱが一枚ありました。

20180323kamakiriegg.jpg

形状から、オオカマキリの卵だとわかりました。

野菜の有機農法の本で、カマキリの卵を沢山ぶら下げて害虫よけに使うというのを見たことがあったので、葉っぱに小さな針金を通してキーホルダーのようにし、我が家の庭のバラにぶら下げておきました。
昨年、アブラムシやチュウレンジバチにやられて、なかなか綺麗に花が咲かなかったので。

そして、数日前、バラに水をあげようとした時のこと。

20180511kamakiri.jpg

すでに出動中でした

チビカマキリ君たちのやる気満々な姿勢にかなり期待していましたが、日が経つにつれて姿を見なくなりました。
やはりバラだけにずっと止まってもらうことは難しかったようです・・・。
何匹かはまだ留まってくれているといいのですが・・・
スポンサーサイト

△page top

ゴールデンウィークに朝倉方面へ行ってきました 

Posted on 21:54:27

本日もたまの投稿です。

少し時間が経ってしまいましたが、ゴールデンウィーク中の5月3日に朝倉方面へ行ってきました。
朝倉というと、昨年の九州豪雨で大きな被害を受けた地区です。

まずは、朝倉郡東峰村小石原で開催された「春の民陶むら祭」を訪れました。

20180503fuji.jpg

この日が祭り初日で、おそらく皆さん復興支援の思いもあってだと思いますが、会場まではかなり渋滞しました。

渋滞で車出入りが難しそうだったため、残念ながらお気に入りの窯元には立ち寄れませんでしたが、道の駅小石原で何とかその窯元さんの作品も購入できたので良かったです。(手前の猫の置物)

20180503toki.jpg

小石原で陶器を購入した後は、福岡県朝倉市杷木にある道の駅「バサロ」へ向いました。
祭りの会場付近では災害の痕跡はほとんど見られず、また、私たちは小石原まで飯塚・嘉穂方面から来たのでわかりませんでしたが、杷木方面へ川沿いを下流に向かって進んで行くと、まだまだ痛々しい光景が延々と続いていました。

テレビで見て想像していたよりもかなり広範囲に渡って被害が及んでいたことと、元の状態に戻るまではまだまだかなりの時間を要するのだということを改めて知らされました。

車窓からその光景も何枚か撮影しましたが、私が紹介する立場でも無いので、載せるのは止めておこうと思います。

道の駅バサロに着くと、道の反対側に沢山の鯉のぼりが上がっていました。

20180503koinobori.jpg

この日は、青空でとても風が強かったので、鯉は力強く泳いでいました。

バサロでお土産などを購入した後閉館時間ギリギリでしたが、「三連水車の里あさくら」にも立ち寄りました。

産直の中は通常通り営業が行われていましたが、一歩裏に出ると、まだ土砂がそのまま残っていて、荒涼とした風景が広がっていました。
この産直は災害の後20日ほどで営業を再開したようです、
何事もなかったように見える明るい店内は、現地の方たちの再開への強い思いと努力の賜物なのだと気付かされました。

近くにあるこの三連水車も、災害の時に土砂で使えない状態になっていましたが、綺麗に作りかえられていました。

20180503suisya.jpg

朝倉は観光スポットも多く、とても魅力的な地域なので、またぜひ折を見て訪れたいと思います。

△page top

虫吉の森の様子です。 

Posted on 22:13:15

ワガタ工房 虫吉の森の木々
4月末の3連休は、晴れの過ごしやすい天気でした。
今日は、午後からクワガタ工房 虫吉が作っている森の様子を見に行きました。
新緑の緑が綺麗です。

クヌギの木
こちらは、昨年の夏にカブトムシが沢山集まっていた大きく育ったクヌギの木です。
風で枝が大きく揺れています。

オトシブミの産卵痕
画像は、クヌギの若葉の柔らかい部分を利用して作られたオトシブミの揺りかごです。
この「揺りかご」の中で産み付けられた卵が育ちます。

クヌギの小枝で見つけたオオヒラタゴミムシ
クヌギの小枝と若葉の間を器用に歩いていたオオヒラタゴミムシを発見しました。
本来は、夜行性の昆虫でミミズの死骸を食べたり樹液にも集まる昆虫です。

大きく育ち始めたクヌギの苗木
イノシシなどの野生動物に折られながらも青葉をつけて育ち始めたクヌギの苗木です。

昨年の春に植えたクヌギの苗木です。
こちらは、昨年(2017年)2月中旬に植えたクヌギの苗木です。
初夏が近づき、一気に大きく育ち始めています。


庭の梅の実
実家の庭の梅の木にも大きな梅の実が見え始めました。

ヤツメカミキリ
こちらは庭で見つけたヤツメカミキリというカミキリムシの仲間です。
頭部から胸部の左右3対の黒い斑点と目を合わせると8つの目がある様に見えるので「八つ目(やつめ)」です。

これから初夏から夏の昆虫達との出会いが楽しみです。

△page top

黒木の大藤を観に行ってきました 

Posted on 23:37:34

本日もたまの投稿です。

今週の水曜に、八女にある黒木の大藤を観に行ってきました。

20180425fuji2.jpg

虫吉家の近所のお寺の藤と同じく、ちょうど満開を少し過ぎた頃かなという感じでしたが、それでもまだまだ十分綺麗でした。

20180425fuji1.jpg

大きな藤棚の下へ入ると、辺り一面藤の良い香りが漂っていました。
一体どの樹から伸びているのかわからないほどに広がっている蔓は、頑丈な鉄骨で支えられていました。

温暖化の影響か年々開花時期が早まっているようで、先日のテレビでは、氷で冷やした池の水を散水して何とか開花時期を引き延ばそうと努力されていましたが、残念ながらゴールデンウィークまで行われている藤祭りまでは・・・厳しいかもしれません。

20180425fuji3.jpg

今はちょうど新茶の季節でもあり、試飲させていただいたお茶がとても美味しかったので、お土産にいくつか買って帰りました。
この後、星野村の方まで足を伸ばしたのですが、大藤をいくつか撮影してカメラの充電が切れてしまいました・・・。

今年はしゃくなげなども少し早くピークが終わってしまったようですが、それでもまだ残っているしゃくなげの花や、山の新緑やツツジなども見る事ができ、晩春の風景に癒されました。

△page top

4月の花色々 

Posted on 21:50:49

本日もたまの投稿です。

お寺の藤は今が満開です。

20180420fuji.jpg

花が綺麗な季節なので、ここ最近、リクの散歩や帰宅途中の道草で撮りだめていた植物の写真もお届けしたいと思います。

20180420nagamihinageshi.jpg
ナガミヒナゲシ

20180420tsutsuji.jpg
ツツジ

20180420renge.jpg
レンゲ

20180421umanoashigata.jpg
ウマノアシガタ(?)

20180420hahakogusa.jpg
ハハコグサ

20180421akatsumekusa.jpg
アカツメクサ

20180421shirobanamantema.jpg
シロバナマンテマ

20180421tsukimisou.jpg
ツキミソウ

20180421yotsuba.jpg
なぜか四葉だらけのクローバー

20180420tanpopo.jpg
タンポポ

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ