FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

クワガタ工房 虫吉のブログ『虫吉日記』

昆虫と里山の自然が大好きな虫吉(むしきち)君の日記! カブクワや自然風景などの情報の他にドングリからの森作りの奮闘記もアリ!

ナナホシテントウとユリクビナガハムシ 

Posted on 18:10:12

本日もたまの投稿です。

先月から、出かける先々で彼らの姿を目にしていました。

20190419tentou.jpg

↓こちらの画像はゴールデンウィークに宗像の大島に訪れた際に撮影したものです。
何も島に来てテントウムシを見なくてもと思いますが、足元の縁石ブロックにいろんなステージの大量のナナホシテントウがいたので、面白くてついつい観察してしまいました。

20190505tentou2.jpg
↑今にも羽化しそうな蛹

20190505tentou.jpg
↑羽化したての成虫

20190505tentou3.jpg
↑まだ少し色の明るい成虫


そして、今日は虫吉家の庭で奇妙なものを見つけました。

庭に生えたど根性クヌギの根元に毎年ユリが生えてくるのですが、今年生えてきたユリの葉に何やら真っ黒な糞のようなものが付いていました。

20190514hamushi3.jpg

20190514hamushi4.jpg

何かの糞のように見えるけど、何となく生きているようにも見える・・・。カイガラムシの一種だろうか?
見れば見るほど謎は深まるばかりです。

虫吉君が棒で一つを触ってみると、黒い部分はべちゃとつぶれて、そこに小さな幼虫のようなものがくっついていました。

調べてみると、これはユリクビナガハムシの幼虫で、黒いのは自らの糞を背負って何かの糞に見えるように擬態しているのだとか。

20190514hamushi2.jpg

↑この画像だと幼虫の身体が少し見えています。

残念ながら成虫はみつけられませんでしたが、この虫は成虫もユリの葉しか食べないそうです。

ユリには気の毒ですが、こんな変わった生態をもつ虫がいるのを初めて知って、思わず感心してしまいました。
スポンサーサイト

△page top

福津市勝浦に米粉のパン屋さんがオープンしました 

Posted on 18:46:12

本日もたまの投稿です。

今月26日に福津市の勝浦にパン屋さんがオープンしました。

そのパン屋さんをやっているのが、実は虫吉兄弟の従姉さんなんです。

私たちも昨日ようやくお店に行ってきました。

20190427komeko1.jpg

場所は田舎の小さな集落の中なので、遠方から来られる方には少しわかりにくいかもしれませんが、すぐ近くに勝浦小学校があるので、それが目印になると思います。

20190427komeko2.jpg

パンは米粉のパンです。

私は人気商品というクロワッサンをいただきましたが、米粉パン特有の優しい甘みともっちりとした食べ応えがあり、私自身米粉派というのもありますが、とても美味しく、他にもいろいろ食べてみたくなりました。

20190427komeko3.jpg

他にも落花生パンやおかかを使ったパンなど珍しいものや、季節の食材を使ったものもあり、種類も豊富でした。
パンの種類は、日によって変わるそうです。

パンは女性一人で作られているので大変だと思いますが、地域の活性にもなるし、私たちもみんなで応援しています。

『パン工房 KomeKo BAKERY』
定休日:月曜日と火曜日
住所:福津市勝浦2979
こちらのサイトでも紹介されています。(インスタグラムと地図を確認できます)

△page top

ナガサキアゲハの蛹が羽化しました 

Posted on 22:11:35

本日もたまの投稿です。

お寺の藤が今年も綺麗に咲きました。

20190426fuji_201904262132420f8.jpg

20190426fuji2.jpg

日によっては肌寒い日もありますが、様々な花たちの開花とともに、虫たちの存在感も徐々に増してきています。

先日から、ナミアゲハに続いて黒いアゲハ蝶の姿も目にするようになっていました。
そこで、虫吉家で保護しているナガサキアゲハもそろそろ羽化が近いのではないかと思い、ケースを事務所の中に移動させていました。

そして、昨日のこと。
出勤してふと蛹を見ると、これまでと違って、てっぺんの2本の角のような部分が、少し透けたような感じになっていました。

20190425sanagi.jpg

これは羽化の兆候ではないかと思いました。

その翌日の今日、虫吉君が気付いた時にはすでに羽化していたそうで、残念ながら羽化シーンは見る事ができませんでした。
おそらく、夜の間か早朝に羽化していたのでしょう。

20190426ageha1.jpg

昼過ぎになって、庭の花に止まらせてみました。

20190426ageha2.jpg

まだ身体が十分に乾いていないのか、夕方までその場にいました。

20190426ageha3.jpg

おかげで、くるくる巻いたストローも、フサフサの胸部もまじまじと観察できました。

20190426sanagi.jpg

空になった蛹を観察してみると、中に真っ黒な液体がたまっていました。
蛹から出る前にもかなりの水分を排出していたようです。

夕方、駐車場へ向かうと、1匹(1頭)の黒い蝶が地面に横たわっていました。
別の個体ですが、おそらく同じナガサキアゲハだったと思います。
触れてみると、まだ生きているようだったので、何とか捕まえて、駐車場の端のオドリコソウに止まらせました。
片方の羽がだいぶ損傷していたので、羽化して間もなく事故にでもあったのかもしれません。

虫吉家の蝶も蛹の時に糸が切れるという災難にあっていますが、次の子孫を残すまで生き延びるのは彼らにとってはとても過酷で大変なことなんだろうなと思いました。

△page top

岡垣町の成田山不動寺に桜を観に行ってきました 

Posted on 18:24:15

本日もたまの投稿です。

先日の水曜日、ちょうど見ごろのようだったので、遠賀郡岡垣町にある成田山不動寺へ桜を観に行ってきました。

20190403sakura1.jpg

この日は快晴で暖かく、絶好のお花見日和でした。
ここは桜の本数も多く、大きな木が多いので、とても見ごたえがあります。

お寺の本堂のあるところからは、海を眺めながらお花見を楽しむこともできます。

20190403sakura3.jpg

20190403sakura4.jpg

大きな木からは枝が長く垂れ下がっているので、花を目の前で眺めることもできます。

20190403sakura5.jpg

本堂まで上っていく間の山道にとてもきれいな桜のトンネルがあったので、歩いて下ってみることにしました。
足元の小さな花や山菜なども楽しみつつ・・・。

↓ワラビ
20190403warabi.jpg

↓可愛い小さなリンドウの仲間(おそらくフデリンドウ)
20190403rindo.jpg

↓キランソウ
20190403kiransou.jpg

↓ウマノアシガタ
20190403umanoashigata.jpg

↓セントウソウ?
20190403sentousou.jpg

桜のトンネルです。

20190403sakura6.jpg

風が吹くと少し桜吹雪も舞ってとても風情がありました。
なかなか休日にタイミングがあうことは少ないのですが、今年は無事満開の桜を堪能できて良かったです

△page top

佐賀に花見に行ってきました 

Posted on 18:39:17

本日もたまの投稿です。

先日の水曜日、1週間後では散ってしまうかもしれないので、少し早めの花見に行ってきました。

ソメイヨシノはどこも咲き始めということでしたが、佐賀県の神埼市にある宝珠寺のヒメシダレザクラが見ごろを迎えているということだったので訪れてみることにしました。

お寺には駐車場がなかったので、近くの「水車の里」という施設に車をとめました。

お寺に着くと、沢山の見物客が訪れていました。

20190327shidare4.jpg

桜は一本だけですがとても大きく見事でした。

20190327shidare1.jpg

これだけの大きな木を維持するのは大変だろうと思います。
よほど大切に管理されているのでしょう。

20190327shidare2.jpg

佐賀県の銘木古木100選にも認定されているそうです。

20190327shidare3.jpg

ついでに、金立公園の方へも足を運んでみました。

20190327kinryu2.jpg

やはりこちらはまだ見ごろには早すぎましたが、山桜を始め、いろんな種類の桜が植えられていて、中には結構咲いているものもありました。

20190327kinryu1.jpg

花見には少し早すぎましたが、この日はとても暖かい一日で、ゆっくり桜を楽しむことができました。

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ